政治

安全保障関連法案閣議決定 日本の歴史的転換どうなる!?

投稿日:2015年5月15日 更新日:

こんにちは。

今回は昨日(14日)安全保障関連法案が閣議決定したことについてです。

kakugi

戦争か平和か、見えてこない日本の未来に国民は戸惑うばかりです。

kougi

安全保障関連法で変わる5分野を簡単に説明します。

○武力攻撃事態法改正

日本が脅かされる事態に際して集団的自衛権が可能に

○周辺事態法改正⇒重要影響事態法

地理的制約を撤廃。他国軍にも後方支援が可能。

○後方支援の恒久法⇒国際平和支援法

他国軍を随時後方支援

○PKO協力法改正

襲われた国連要員らを保護する。国連が統括しない活動にも参加

○グレーゾーン事態対処

他国軍の武器等を防護可能。電話閣議により迅速発令

 

一言で簡単に言いますと、「有事の際、後方支援で参加する」ということです。

abe

日本の歴史の場合、戦後70年間、有事の際、「お金を渡しますから後は勘弁してください」という対応でした。

これを町の行事で考えてみます。

災害などが起きた場合、「私はお金を出しますから何もしません」と言っていると同じです。

今回の安全保障関連法も学生生活で例えてみます。

どこの学校にも番長が居たものです。周辺地域で一番強い番長がアメリカです。日本の番長(安倍さん)はナンバー2を狙っているのです。近隣の学校の番長(韓国・中国)は以前に日本の番長と喧嘩して負けているので、いつかやり返そうと狙っています。さらに近隣の別の番長(北朝鮮)は一匹狼で人の言うことを聞かない自分勝手な番長で自分が一番を狙っています。日本の番長はこの騒動を一番強い番長と一緒になって、他の番長に攻められないようにしています。

違いは、番長は自分で喧嘩しますが、国は兵隊が喧嘩します。

okada3

安全保障関連法に反対の考えは、学校生活の中で「揉め事、争い事などは一切しないで明るく平穏な学生生活を送るが良いんだ」という考えです。典型的な例がブータン王国です。

一般生徒はこの考えで正解なのですが、番長は他の番長と仲良くするか、力でねじ伏せるか、どちらかの選択になるのです。

みなさんはどう考えますか?

安全保障関連法案は与党の絶対的数の力で可決されます。こういう時こそ「認定国民投票並立制」を行べきです。民意を問うのです。また、与党でも反対の議員がいます。野党でも賛成の議員がいます。「政党の廃止」をするべきです。

法案が成立することによりメリットがあります。今後、外交で強く言えるということです。最近で言えばTPPの交渉は日本に有利な条件で進むでしょう。

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

管理人の有料会員制オンラインサロン「羽田昌記と語る」はトップページです。

-政治
-, ,

執筆者:

関連記事

今度は乙武洋匡ショック 「五体不満足」の不貞行為「五人大満足」

こんにちは。 今回は、参議院選に立候補を表明している乙武洋匡氏(39)の不倫行為についてです。  5人の女性との不倫を認めた乙武洋匡氏(39)は01年、早大時代の後輩と結婚し、現在2男1女の父親で、最 …

どうなる日本経済!? その2

こんにちは。 今回も日本経済の先行きについて書いてみたいと思います。 皆さんもご存じのとうり、4日午後の日銀政策会合から5日(昨日)株価が高騰しました。 私もある意味、皆さんに投資をお勧めしてきた訳で …

年金試算 非公表の理由

こんにちは。 今回は年金試算の非公表についてです。 ご存じのとおり野田首相は年金試算を公表しない、と言って野党から隠蔽だと反発をくらってます。 公表しないのに議論も何もないですよね・・・? 公表しない …

現況の日本 消費税・年金どうなる!?

こんにちは。 今回はちょっと余談な話を記事にしたいと思います。 その前に衆院選の状況なのですが、自民党が300議席に迫る大勝の勢いです。 いや~、やはり風は自民党に吹いたようです。安部さんの金融緩和の …

維新の党分裂 橋下徹氏の政治生命の終わり

こんにちは。 今回は揺れに揺れている維新の党の前代未聞の泥仕合で分裂騒動についてです。 新代表に選出された馬場伸幸氏は、党の「解散届」を総務省に提出することを表明しました。これに対し松野頼久・維新の党 …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人設立 国政政党 新党「民意改善党」
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
すべての真実を書いた
電子書籍出版中
発行元はamazonアマゾンこちら