政治

安保法案 街頭演説谷垣幹事長に帰れコール

投稿日:2015年6月8日 更新日:

こんにちは。

今回は昨日(7日)東京新宿で安保法案について自民党谷垣幹事長が街頭演説を行った際、「帰れ」コールに、「『帰れ』と叫ぶだけで平和は来ない」と反論したことについてです。

安保法案は4日の衆院憲法審査会で憲法学者3人が「違憲」と判断いたしました。自民党推薦の学者も違憲としました。このことに谷垣氏は「違憲・合憲を判断する最高裁は、日本が持つ固有の自衛権として集団的自衛権も否定してはいない。今度の法案も、まさに最高裁の憲法論の枠内で作られている」と主張しました。

anpo

この言葉に対して、反対の声、「憲法壊すな」「立憲主義を守れ」「戦争反対」「9条守れ」など『帰れ』コールが大きくなりました。

政治家というのは実に言葉の言い回しが、上手というのか汚いというのかズルイのだと思います。言葉というのは、どうでも言えるのです。ですから口喧嘩が起きては収まらないのです。

例えば、良いことでも悪口で言うと

勉強がすごく出来る人には、「勉強ばかりしていて勉強しか出来ないのだ。遊びも出来ないし、女もつくれない、そんなのが社会で通用する訳ない」と言い返せるのです。

悪いことを良く言うには

殺人をした人を良く言うと、「へぇ~、人を殺したんだ~。勇気あるな~、度胸がいいんだな~」とも言えるのです。

ある意味、政治家というのはこういう言葉を使っていることが多いです。

安保法案の狙いというのは、

○勢力拡大による、戦争を仕掛けられないようにする

○外交を有利に運ぶ

この二つです。

ハッキリと「そう言え」と思ってしまいます。

安保法案は重要な法案です。自民党は8月の法案通過を目ざしていますが、もっと十分な時間を費やすべきでしょう。もし、数による強行突破をしたなら、国民は黙っていてはいけません。衆院解散に持ち込むべきです

認定国民投票並立制」の導入を願うばかりです。

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

管理人の有料会員制オンラインサロン「羽田昌記と語る」はトップページです。

-政治
-

執筆者:

関連記事

田中防衛大臣 問責決議案

こんにちは。 最近ちょっと忙しくて更新できませんでした。お詫び申し上げます。 今回は自民党が田中防衛大臣に問責決議案を出そうとしていることについてです。 問責決議案というのは、大臣をお辞めになってくだ …

安保法案は善か悪か?管理人持論

こんにちは。 今回は今週中に成立するか?どうか?の安保法案について私管理人の持論です。 以前の記事を読んで頂けたら幸いです。 「安全保障関連法案閣議決定 日本の歴史的転換どうなる!?」  「安保法案  …

民主・維新合流はあるのか?党名変えても烏合の衆

こんにちは。 今回は、民主党・維新の党の合流の可否についてです。  民主党の岡田克也代表は8日の記者会見で、維新の党との合流の可否を判断する時期に関して、「(夏の)参院選までに合流することになれば、逆 …

北朝鮮元料理人 藤本健二氏に期待!

こんにちは。 最近、興味のあるニュースが多いです。 こんな時、日本の政治は何をやっているのでしょう・・・。 問責決議案など出して空転させて、そんなことやってる場合でしょうか・・・? 何度も言っています …

日本の消費税 その実態 世界各国と比較

こんにちは。 今回は遅ばせながら、世界各国と比較する日本の消費税についてです。 恐ろしいことをお伝えします。 今回はむずかしい説明になってしまいますが、非常に重要なことです。注意してよく読んでください …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人設立 国政政党 新党「民意改善党」
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
すべての真実を書いた
電子書籍出版中
発行元はamazonアマゾンこちら