政治 時事ニュース

上西小百合議員 政策より橋下人気に噛みついた

投稿日:

こんにちは。

今回は、 維新の党から4月に除名処分を受けた“元橋下ベイビーズ”の上西小百合衆院議員(32)が維新や、かつて個人的に引導を渡された橋下氏へぶちまけたことについてです。

uenishi

選挙戦が始まる前、維新は分裂騒動で(税金から支出される政党交付金の)貯金取りあい騒動があったけれど、私ももともとは所属していたし、維新は政策に間違いはないと思っているので頑張ってほしかった。だからこそ堂々とした政策論争を期待していた…けれど、ふたを開ければ選挙戦はやっぱり「維新VS反維新」。維新はポスターも橋下さんの顔が大きく写っただけで、候補者より“橋下さんに入れて”という戦略。対する反維新側も有権者を見ず、組織票の足し算でくっついただけ。理念も見えず、それでは完敗も当然でしょう。

橋下さんは今後、新しく立ち上げた国政政党「おおさか維新の会」の法律顧問に意欲を見せておられるようですが、維新の党の分裂騒動では少なからず本人にも原因があったはず。国民に関係のないことを今後、自分で解決し、その報酬を受け取るなら、何のお金が使われるんでしょう?維新は企業献金を拒否しているから、政党交付金になるんですかね。

維新塾で「国民の税金をちゃんと使おう」と教えこまれ、その信念でやってきた私には認められないことです。市長を辞めて、私人になった橋下さんが私みたいに写真集を出したら?もちろん買います(笑い)。ただし、血税から払われる議員歳費以外の貯金を使いますけどね。

実に不思議な勘違いな女性です。議員でいること自体考えられません。小保方さん以上ですね。

○あなたも橋下さん人気のおかげで議員でいられるのです。

○小選挙区で落選して比例で復活当選してるのでしょ。

○再選は100%ありません。後は芸能人・政治評論家でも狙っているのでしょうか?

○写真集を出したり、ロンハーに出たり、話題作りが激しいです。次の選挙に出るのでしょうか!?

○国民のために税金を使いましょうと言っていますが、あなたが税金の無駄遣いです。

○こういう人はマスコミが取り上げると勘違いする人です。取り上げないほうが良いと思います。

○小泉チルドレンの杉村太蔵ポジションを完全に狙ってますね。

○この人に政策はあるのでしょうか?秘書相手に性策はあるのかもしれません。

uenishi3

面の皮の厚い人です。ついでに化粧も厚い人です。厚顔無恥という言葉がピッタリな人です。まさしく橋下さんに「後足で砂をかける」状態です。

考えなければならないのは、こういう人を盲信した橋下さんにも責任がありますし、当選させた国民にも責任がある訳です

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

確かな・間違いのない民主主義へ。国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちらです。

管理人の会員制オンラインサロン(大人の塾)「羽田昌記サロン」はこちらです。

-政治, 時事ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

安倍首相・橋下市長会談 安保法案で維新に協力要請

こんにちは。 今回は、昨日(14日)東京都内のホテルで夕食を共にしながら、安倍首相と橋下大阪市長が会談したことについてです。 内容はもちろん安保法案で維新の協力要請であり、橋下市長の対応が気になるとこ …

富士山鉄道 富士スバルラインに電車が通る!?

こんにちは。 今回は昨日(19日)地元で富士山に電車を通す協議がなされたことについてです。会長は富士急行社長堀内光一郎氏です。 協議内容は、現在開通している富士スバルライン上に鉄道を走らせるということ …

国家公務員給与増額 国破れて公務員あり?

こんにちは。 今回は国家公務員の給与が上がったことについて、賛否両論の考えを述べたいと思います。  国家公務員の給与と賞与を引き上げる改正給与法が1月20日の参院本会議で可決、成立した。一般職の月給を …

衆議院解散 野田総理がとうとう”伝家の宝刀”を抜いた

こんにちは。 本日(16日)野田総理がとうとう”伝家の宝刀”を抜きました。解散です。 いきさつは皆さんもご承知のとうりです。 3年前の夏、日本中が期待し大勝した民主党政治でした。選んだ我々も悪いのです …

どうなる日本経済!? その2

こんにちは。 今回も日本経済の先行きについて書いてみたいと思います。 皆さんもご存じのとうり、4日午後の日銀政策会合から5日(昨日)株価が高騰しました。 私もある意味、皆さんに投資をお勧めしてきた訳で …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら