政治

維新の党分裂危機 やっぱりこうなる新党の末路

投稿日:2015年8月27日 更新日:

こんにちは。

今回は、維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)と松井一郎顧問(大阪府知事)が離党を表明したことについてです。

発端は

柿沢氏が地元の反対を押し切り、山形市長選で民主党などが推す立候補予定者を応援したことをめぐって、松井氏が反発し、辞任を要求。柿沢氏が拒否したため、党全体を巻き込んだ対立となっていた。

維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は27日午前、松野頼久代表らに、メールで松井一郎顧問(大阪府知事)とともに離党する考えを伝えた。松井氏が辞任を要求していた柿沢未途幹事長が続投する方向となったため。松井氏は同日、大阪府庁で記者団に「(党執行部は)永田町病にかかっている。党を離れ、大阪に集中する」と表明した。

新党をいろいろ見てきましたが、末路はやはり分裂・解体です。

理由はひとつ、「政権を取れなかった」ですね。

まず、柿沢幹事長に言っておきたいのが「権力を持った人間につける薬が欲しい」です。権力・リーダーになったら自分勝手なことをしてもいい!?と勘違いしてませんか?リーダーになったらみんなの意見を聞くことが大事なのではないのでしょうか?

松井さんへは、こういう幹事長をうまくコントロールするのが顧問の務めではないのでしょうか!?権力を譲ったら、「それには付いていけない、離党する」ではちょっと違うのではないでしょうか?

matui

橋下さんへは、「一度は天下を夢見た」のですから離党などとは言わず、最後まで維新の党を見極める責任があるのではないのでしょうか・・・。違う言い方をすると「後は次の人に任せる」という言い分もありますが、橋下さんでなければ維新の党は存続できません。

hasimoto

さらに、政界を引退したのですから、のちのち時間が経ってから復帰するようなことはしないでください。世間は「戻ってきて欲しい」というような声が多数でていますが、惑わされないように・・・。人間とは反対のことを言う動物のようです。考えてみてください。だったら、大阪都構想は成功しているはずです。

「党を離れ、大阪に集中する」確かにそういう言い分もあります。しかし、できればすぐにでも次の総選挙で立候補して維新の党でもう一度天下を夢見てはどうでしょうか?すぐにです。

私自身、維新の党には期待いたしました。残念です。政界再編が繰り返されていますが、なかなか難しいようです。今、支持政党が無いが多数を占めています。

信用ある政党が出現するか、政党の廃止のどちらかを推進いたします。

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

管理人創設。確かな・間違いのない民主主義へ。国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちらです。

管理人の有料会員制オンラインサロン(大人の塾)「羽田昌記サロン」はこちらです。

-政治
-

執筆者:

関連記事

衆院選 自民圧勝の簡単な理由

こんにちは。 今回は昨日(16日)投開票された衆院選についてです。 自民党の圧勝です。 選挙の内容は報道番組・新聞等で詳しく説明していますのでここでは避けたいと思います。 ただ、一言だけ言わせてくださ …

消費再増税必要 安倍首相 アベコベノミクスか!?

こんにちは。 今回は本日(3日)の参院予算委員会で安倍晋三首相が消費再増税は社会保障を次の世代に引き渡す為必要と訴えたことについてです。 安倍晋三首相は、3日午前の参院予算委員会で、消費再増税に関し、 …

新国立競技場「墓のような」A案決定に森氏の墓!?

こんにちは。 今回は、本日(22日)新国立競技場がA案で決定したことに、森喜朗会長がコメントを発表したことについてです。 「今回選定された新国立競技場の事業者提案には、コーツ委員長をじめIOC及び東京 …

小沢一郎の野望

こんにちは。 昨日の私の地域の地方紙・山梨日々新聞に小沢一郎の記事が載っていました。 この新聞は共同通信の取材の記事です。 新聞によりますと、小沢グループは消費税増税に造反するそうです。 ということは …

どうなる日本経済!? その3

こんにちは。 またまた経済の話ですいません。しかし、今のこの時期見逃す訳にはいきません。 先日、株価が日経で1143円暴落しました。その後、激しい動きをし、いわゆるアベクロ勝負の月、6月に突入した訳で …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人設立 国政政党 新党「民意改善党」
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
すべての真実を書いた
電子書籍出版中
発行元はamazonアマゾンこちら