政治

新旧首相対決 野田敗戦処理投手が勝ち星☆

投稿日:

こんにちは。

今回は19日(昨日)衆院予算委員会で野田佳彦前首相と安倍晋三首相との対決についてです。2011年11月、この二人の対決で野田氏は伝家の宝刀を抜いた訳です。

noda

19日の衆院予算委員会は、衆院選挙制度改革をめぐり、異例の「新旧首相対決」となった。民主党の野田佳彦氏は、首相だった2012年11月の党首討論で、衆院解散と引き換えに約束したはずの衆院定数削減がいまだに実現していないと厳しく批判。これに対し、安倍晋三首相は自民党案が示した20年以降の定数削減を前倒しする考えを表明、「身を切る改革」姿勢のアピールに躍起となった。

「やり残したことの決着をつけなければならない」。質問の冒頭、おもむろにこう切り出した野田氏。首相が「0増5減」は実現したと反論すると、「国民にうそをついたことにならないか。満身の怒りを込めて抗議したい」と迫った。

noda2

定数削減と消費税増税はセットでした。ですが、消費税は8%上げて後は遅れてる状態です。

また、消費税は3%も上げたのに定数削減は0増5減で1%というのはおかしな話ではないでしょうか?

結論は、消費税を5%から10%に上げるのですから、議員も10%削減するのが筋というものだと思います。

また、議員定数削減だけではないです。身を切る改革として、議員歳費や公務員給与の削減にも触れていました。

現状の日本は、借金が1000兆円で消費税増税不可避と政府は主張しています。しかしそれなら、世界一高額な議員歳費と公務員給与も改革する必要があるのではないでしょうか?

今回の対決は野田氏が正論だし説得力があると確信できます。

安倍さんはあれだけ大々的に約束したのですから、先送りしては国民は納得できません。

野田氏には、登板時期が悪くて敗戦処理投手になってしまいましたが、維新との球団再編があるのならば、今度は先発を任せてみたい逸材だと思います。

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

国民が主役の時代へ 管理人旗揚げ、国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちら

優れた人材の育成へ 管理人の会員制オンラインサロン(大人の塾)はこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 詳しくはこちら

-政治
-,

執筆者:

関連記事

民主党がまた吠えた「安倍総理はヒトラー」 もはやヘイトスピーチ

こんにちは。 今回は、民主党の小川敏夫参院幹事長が「安倍首相はだんだんヒトラーに似てきた」と発言したことについてです。  民主党の小川敏夫参院幹事長は23日、夏の参院選で野党を支援する市民団体系の組織 …

金融政策決定会合で為替・株価がチャンス到来!?

こんにちは。 またまた今日も同じような内容になりますので簡単に済ませます。 26日(金曜日)日銀の金融政策決定会合があります。 またまた、チャンスです。今回は為替が100円の壁を超えることができるか? …

橋下大阪新市長 大阪都構想の意気込み

こんにちは。 今回は橋下大阪新市長についてです。 大阪都構想で駆け巡っています。たいしたものです。感心。感心。 各党の重鎮にあいさつ巡り。いち市長に各党の代表が会ってくれるのですから、すごいことです。 …

総工費2520億円 新国立競技場は善か悪か?

こんにちは。 今回は新国立競技場建設に総工費2520億円かけるのはどうか?という問題についてです。 建設理由は2020年の東京オリンピックですが、もうひとつ、2019年に開催するラグビーワールドカップ …

国家公務員給与増額 国破れて公務員あり?

こんにちは。 今回は国家公務員の給与が上がったことについて、賛否両論の考えを述べたいと思います。  国家公務員の給与と賞与を引き上げる改正給与法が1月20日の参院本会議で可決、成立した。一般職の月給を …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら