時事ニュース 経済

マイナス金利導入後の銀行 晴れた日に傘を貸し雨の日に傘を取り上げる

投稿日:

こんにちは。

今回は、日銀がマイナス金利を導入してからの各銀行の動向についてです。

mainasu2

日銀がマイナス金利政策を導入して1週間となった。中堅中小企業の一部には金融機関から追加借り入れの打診が相次いでいる。利ざや圧縮を想定し、運用難に頭を抱える金融機関が貸し出しに動き出した格好だ。ただ、財務が健全な企業にとっては、足元の資金繰りに問題があるわけでないため、慎重な姿勢が目立つ。

「こんなにも金利が低いなら、本社事務所を改装しようか」。広島県の食品製造販売会社の社長は冗談交じりに、こう漏らす。日銀のマイナス金利政策導入発表後、地元の銀行3行が借り入れを相次いで打診してきたからだ。以前から金利は低かったが、今回はさらに低い金利を競って提示してきた。

マイナス金利政策導入から1週間、日銀の思惑通り、市場金利は低下。企業には資金調達がしやすい土壌が整いつつある。とはいえ、市場の資金の需給バランスはいびつだ。中国経済の減速や欧米経済の不透明感もあり、必ずしも、企業全般の設備投資意欲は旺盛でない。マイナス金利政策導入で貸し出す民間金融機関への圧力は強まるが、足元では追加借り入れの必要性はないと強調する経営者も少なくない。

日銀は貸出金利の低下で企業の借り入れ増につなげ、デフレ脱却を実現する狙いだが、日経平均株価の暴落を見る限り、日銀のシナリオは市場に信じられていない。

mainasu3

必要のない設備投資は後々癌になる腫瘍みたいなものです。

信用できない経済情勢で借り入れを増やしてまでリスクを増やす経営者は少ないと思います。
日銀の考える事が現実と解離し過ぎてる感があります。

これまでの大型ショックを忘れていません。借入をするとは思えないです。今の時代、供給が多すぎで需要がありません。需要と供給のバランスが崩れたこの時期、稼ぎのネタがないのに、設備投資はしないでしょう。

池井戸潤さんの小説が参考になります。
貸すときは押し付けて、返せとなったら困っているのに強引に奪っていくのが銀行です。
困っているときには聴く耳すら持たないのが銀行です。

バブル期の銀行が中小企業に行った貸し剥がし、仕打ちを忘れる人は居ません。

晴れた日に傘を貸し雨の日に傘を取り上げるのが銀行です。

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

国民が主役の時代へ 管理人旗揚げ、国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちら

優れた人材の育成へ 管理人の会員制オンラインサロン(大人の塾)はこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 詳しくはこちら

-時事ニュース, 経済
-

執筆者:

関連記事

豪華客船コスタコンコルディア座礁で知る豪華客船の旅

こんにちは。 今回は豪華客船コスタコンコルディア号についてです。 皆さんご存じのとおりスケッティーノ船長が島に近付き船を座礁させました。 原因がいろいろ分かってきました。 この事故でクルージング会社は …

結婚詐欺師!?木嶋佳苗被告の衣装チェンジ

こんにちは。 今回は 首都圏の連続不審死事件で、男性3人への殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)についてです。 裁判員裁判がさいたま地裁で開かれています。 木嶋被告は午前と午後の審理で異例の“ …

トヨタ自動車 元本保証する新型種類株を発行

こんにちは。 今回は本日(16日)愛知県豊田市の本社でトヨタ自動車の株主総会が開かれました。会社側が事実上の「元本保証」となる譲渡制限付きの個人投資家向け新型種類株を発行できるように定款を変更する議案 …

海洋資源開発日本 将来ドバイのようなお金持ち国になるか!?

こんにちは。 今回は、今現在、世界最高水準で研究開発されている海洋資源、レアアース・メタンハイドレートについてです。 日本では小笠原諸島沖に高濃度のレアアースの海底鉱床を発見しています。ちなみに中国産 …

報道番組 その2 物事を公平に・・・

こんにちは。 今回は報道番組についてです。 このブログの一番最初に書いた内容のPart2のようなことだと思ってください。 以前書いたとおり、今の世の中をリードしているのはマスコミの報道次第ということで …

ブログ内検索

アーカイブ 年月でブログ記事を表示

カテゴリー 分類でブログ記事を表示

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

「今の日本の政治に終止符を」 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

真の株式トレーダーへ。「何倍も上がるおすすめ銘柄」を無料で紹介
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
詳しくはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら