時事ニュース

警視庁新型パトカー「フェアレディZ」ドライバーは両さん?大門?沖田?

投稿日:2016年4月6日 更新日:

こんにちは。

今回は、警視庁が新型パトカーに日産フェアレディZNISMOをさらに高性能化したものを導入したことについてです。

keishichou3

警視庁広報課は4月4日、高速隊などに配備する「新型パトカー」の写真をTwitterで公開しました。その勇姿に「カッコイイ!」「逃げきれねー」など大きな反響が寄せられています

これまで高速隊に配備されていたパトカーは、2004年式のマツダRX-8がベース。これに対し、後継車となる新型は、日産自動車の「フェアレディZ」をベースに、同社のレーシングブランド「NISMO」がさらに高性能化をはかったものだそう。確かにこれは逃げきれる気がしない……! 違反者検挙に対する警視庁の本気ぶりがうかがえます。

日産自動車公式アカウントの3月30日のつぶやきをみると、現在3台が配備されているとのこと。警視庁の交通安全ファミリーイベントでのお披露目だったようです。

またベースが「フェアレディZ」だったこともあって、Twitterでは昭和の刑事ドラマ「西部警察」を思い出した人も多かったもよう。銃撃戦やカーチェイス、ド派手な爆破シーンが魅力だった同作には、数多くのスーパーマシンが登場。なかでも主要キャラクター・大門圭介が乗っていた専用車「スーパーZ」のベースが「フェアレディZ」でした。

フェアレディZの勇姿に角刈グラサンにショットガンを持った大門団長の姿が浮かぶ年代の人は、交通違反なんてできなくなるのではないでしょうか。

keishichou2

カッコイイですね~。☝

ドライバーは、両さんか、西部警察の大門か、サーキットの狼の沖田か。😁

2シーターですけど、パトカーに乗せて切符切るときはどうするのでしょうか?😅

警察特番では「これ以上の追跡は、多の事故を招く」って、追跡しないのですから。

本当に、警戒しなきゃならないのは覆面ですよね。白黒パンダは、怖くありません。速いパトカーがパトロールしている事で抑止なればそれ良いのではないでしょうか。

まあ、気兼ねなく逃走車に体当たりできるような車が良いとも思っちゃいますよね!?

税金の無駄使いだという声もありますが、

主にイベント向けの車両でしょうか!?✌

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人旗揚げ、新党の紹介はこちら

すべてにおいて優秀な人材へ 管理人のまぐまぐメールマガジンはこちら

優れた人材の育成へ 管理人の会員制オンラインサロン(大人の塾)はこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 詳しくはこちら

-時事ニュース
-

執筆者:

関連記事

スシロー「まわらない回転すし屋」ってどうなの?

こんにちは。 今回は、回転すし大手の店舗スタイルの変化についてです。 元気寿司(宇都宮市)は5年後をめどに全店で回転レーンを無くす。あきんどスシロー(大阪府吹田市)は、様々なすし料理を楽しめるフルコー …

「私が若い頃はブイブイ言わせてた」 銀座のマダム達

こんにちは。 久しぶりの更新になります。世の中平和なのか分かりませんが、最近、新聞・ニュースを見ていても面白い記事がありません。 そんな中、ネットニュースを見ていたら面白い記事がありましたので引用しま …

「日本人は、ねずみ男」 水木しげるさん死去

こんにちは。 今回は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげるさんが死去し、「日本人は、ねずみ男だ」と語った水木しげるさんについてです。  日本人は、ねずみ男だ。アニメでも有名なロングセラー漫画「ゲゲゲの鬼 …

国家公務員給与増額 国破れて公務員あり?

こんにちは。 今回は国家公務員の給与が上がったことについて、賛否両論の考えを述べたいと思います。  国家公務員の給与と賞与を引き上げる改正給与法が1月20日の参院本会議で可決、成立した。一般職の月給を …

結婚詐欺師!?木嶋佳苗被告の衣装チェンジ

こんにちは。 今回は 首都圏の連続不審死事件で、男性3人への殺人罪などに問われた無職木嶋佳苗被告(37)についてです。 裁判員裁判がさいたま地裁で開かれています。 木嶋被告は午前と午後の審理で異例の“ …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人設立 国政政党 新党「民意改善党」
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
すべての真実を書いた
電子書籍出版中
発行元はamazonアマゾンこちら