時事ニュース

小保方晴子氏手記「あの日」出版 炎上商法

投稿日:

こんにちは。

今回は本日(28日)小保方晴子氏の独占手記「あの日」が講談社から出版されます。

obokata2

前書き部分は

あの日に戻れるよ、と神様に言われたら、私はこれまでの人生のどの日を選ぶだろうか。一体、いつからやり直せば、この一連の騒動を起こすことがなかったのかと考えると、自分が生まれた日さえも、呪われた日のように思えます。

STAP細胞に関する論文発表後、世間を大きくお騒がせしたことを心よりお詫び申し上げます。このようなお詫びを申し上げる手段を見出すことができず、これまで心からの反省や謝罪を社会に向けて行えてこなかったことを、本当に情けなく申し訳なく思っております。

重い責任が自分にあるにもかかわらず、自分でその責任を取りきることさえできず、このような自分が生きてしまっていることに苦しみながら日々を過ごしてきました。

あの日に戻れたら、と後悔は尽きません。でも、もう一度、最初から人生をやり直すことができたとしても、私はやはり研究者の道を選ぶだろうと思います。

obokata3

この問題は死者をだし、無関係な研究者を巻き込み、社会問題になりました。それを自己正当化のためだけに本を出版する。これをコーディネートした講談社にも問題があると思います。

200回成功したというSTAP細胞が、出来ないという事が払拭されない限り、どれだけ手記で訴えようが信用度は上がらないと思います。もう一度、研究にチャレンジしてから手記をだすほうがよっぽど世間は納得するでしょう。

ハーバードや理研やネイチャーも騙された結果です。

昨今の日本、こんな日がくるのですね。悪いことした人が本を出し収入を得る。炎上商法に似ている感があります。アメリカでは禁止されています。

この人の経験から学ぶこともあると思うので、本を読む人は読んでください。ただ、自殺者まででているので、印税はその方の家族にあげてほしいと思います。インターネットで公開するとか、改めて記者会見開くとか、方法は他にもあったと思います。

本を書く時間があるのでしたら、研究を重ねSTAP細胞を確立させる方に力を入れるべきではないのでしょうか。

どうやら手記の内容は、山梨大の若山教授への不信感があるようです。この問題は、小保方氏・若山教授・理研の3者の追及が必要と思われます。実際に明白にしないと日本の科学界に影響があるのではないでしょうか?

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

国民が主役の時代へ 管理人旗揚げ、国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちら

優れた人材の育成へ 管理人の会員制オンラインサロン(大人の塾)はこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 詳しくはこちら

 

-時事ニュース
-,

執筆者:

関連記事

絶対明かさないクリーニングの汚れが落ちない訳 

こんにちは。 前回の記事が好評の為、もっと詳しくクリーニングについてお話しいたします。 ドライクリーニングというのは油性の汚れしか落ちません。汗などの襟汚れ・袖汚れは一切落ちません。 ただ、前処理と言 …

国民総幸福ブータン王国の魅力

こんにちは。 今回はブータンについて。これもその時はブログを開設していなかったので、今、書きたいと思います。 数日前、ブータン国王が来日しました。 私はブータンという国があることさえ知りませんでした。 …

北朝鮮元料理人 藤本健二氏に期待!

こんにちは。 最近、興味のあるニュースが多いです。 こんな時、日本の政治は何をやっているのでしょう・・・。 問責決議案など出して空転させて、そんなことやってる場合でしょうか・・・? 何度も言っています …

STAP細胞

こんにちは。 今回は生命科学の常識を覆す画期的な作製に成功したとされる”万能細胞”「STAP細胞」についてです。 が、当然、私には何が何だか分かりません。ので私なりに調べた内容を簡略に記事にしてみたい …

新国立競技場「墓のような」A案決定に森氏の墓!?

こんにちは。 今回は、本日(22日)新国立競技場がA案で決定したことに、森喜朗会長がコメントを発表したことについてです。 「今回選定された新国立競技場の事業者提案には、コーツ委員長をじめIOC及び東京 …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人設立 国政政党 新党「民意改善党」
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
すべての真実を書いた
電子書籍出版中
発行元はamazonアマゾンこちら