時事ニュース

安倍昭恵夫人 Facebook騒動

投稿日:2013年9月24日 更新日:

こんにちは。
今回は安倍総理の夫人昭恵さんが東京・日比谷公園で開催された「日韓交流おまつり」の開催セレモニーに出席し、これをFacebookに投稿した際、賛否両論の波紋を広げたことについてです。

abe2
その前に、昭恵夫人の経歴についてです。
父は森永製菓元社長・松崎昭雄。
聖心女子専門学校卒業。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。
1984年(昭和59年)にグリコ・森永事件で森永製菓が標的になった時に、社長令嬢の昭恵さんにも警察の護衛がつきました。
安倍総理との間に子供はいません。
誰もが認める”お嬢様”です。
話をもどします。
投稿には「勇気あるUPありがとうございます」「ご主人が公式に動けないところでの昭恵さんのお働き素晴らしいと思います」といった賛同コメントが付いた一方で、「日本国民として非常に不愉快です」「非情に不愉快なイベントです!竹島占領されてて何が交流だ!」「やめて下さい。鏡割りは日本の伝統ですが、いったいなんですか??ビビンバ混ぜって・・・、いい加減にして下さい」など批判的なコメントも寄せられました。
昭恵夫人はすかさず、「色々な意見があると思いますが、隣国ですので仲良くしていきたい」と改めて投稿しました。
う~ん・・・?どういう判断をしたら良いのでしょう・・・?私には分かりません・・・。
結論は歴史認識ではないでしょうか!?
韓国(中国も)にしてみれば、侵略された過去を拭いきれない。
日本人にしてみれば、分かってもらえないなら親善はありえない。という意見もあるのでしょう・・・。
今回の記事はどんなに考えても私の個人的意見は「分かりません」の一言です。
例えばで言えば、
遠くの親戚より、近くの他人。
隣人トラブル。
離れていた方が幸せな人もいるように、離れていた方が幸せな国家同士もある。
無内容な親善よりも、有意義な離婚を。
などなど・・・。
確実に言えるのは、「争い」という過去のツケですね。
今宵はここまでに致しとうござりまする

-時事ニュース
-,

執筆者:

関連記事

木嶋佳苗被告 死刑判決

こんにちは。 今回は以前から注目していた木嶋佳苗被告の判決の日で、死刑が言い渡されました。 弁護側はさっそく控訴するもようです。この裁判は長くなりそうです・・・。 この裁判は決定づける証拠がありません …

国際成人力調査 どうなる日本人の知能!?

こんにちは。 今回は昨日(8日)発表された「国際成人力調査」についてです。 調べたのは、「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の三つで 読解力・数的思考力の二つは日本は1位でしたが、I …

ベッキーショック・SMAPショック・今度は清原ショック

こんにちは。 今回は、清原和博元プロ野球選手が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されたことについてです。 西武や巨人などで活躍した清原和博容疑者(48)が2日午後8時48分ごろ、覚せい剤取締 …

国民総幸福ブータン王国の魅力

こんにちは。 今回はブータンについて。これもその時はブログを開設していなかったので、今、書きたいと思います。 数日前、ブータン国王が来日しました。 私はブータンという国があることさえ知りませんでした。 …

佐村河内 守氏

こんにちは。 今回は「天才作曲家・現代のベートーベン」と言われた佐村河内守氏についてです。 昨日(7日)、謝罪会見がおこなわれました。 結論から言いますと、マスコミ・視聴者・読者たちのいわゆる人間の” …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人設立 国政政党 新党「民意改善党」
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
すべての真実を書いた
電子書籍出版中
発行元はamazonアマゾンこちら