時事ニュース

息子3人を東大医学部に合格させた「東大ママ」騒動

投稿日:2015年10月13日 更新日:

こんにちは。

今回は、息子3人全員を東京大学医学部に合格させ「東大ママ」として知られる専業主婦の佐藤亮子さんの「恋愛は受験に無駄」発言騒動についてです。「子供自慢が行き過ぎた」 この発言によりテレビやネット上で賛否を巻き起こしています。

satou

私の近くでも東大出の息子を持つ母親が「自分が偉い」と勘違いしてる人がいます。本当に「勘違い野郎」です。⤵(偶然ですが苗字も同じ佐藤だ~)😆

私が高校時代、勉強ばかりしている人を観ると「勉強ばかりしていて、部活はしない・遊びもできない・女もつくれない・友人関係もつくれない、そんな奴が世間で通用する訳がない」と先生に言った覚えがあります。先生も「そうだ、そうだ」と言っていました。こういう人のことを私は「勉強大好き君」と呼んでいました。😁

この騒動に佐藤さんの次男理亮(みちあき)さんがフェイスブックに投稿。

 「多くの人に心配していただいてるので投稿致しますが」で始まる文章は、「母は子供が好きでたまらないという人です。つまるところ子供自慢が行き過ぎてしまったようです」「世間からはもちろん色々と言われておりますが、僕個人は今まで面倒を見てくれた母には感謝こそあれ、特に反感などはありません」と感謝の思いが綴られる一方、「母の発言はなんの資格も、社会的責任もない一個人の主婦のもの」「自慢は行き過ぎると嫌味になりかねません。」と冷静な見方もしています。

世間の反応は

この投稿がツイッター上で拡散されると「ドライな感覚と家族愛が両立してる」「息子さんめっちゃまともっていうかむしろ人格者だったーー!!!!!」といった感想や「頭がいい子なのは間違いないですが、ちょっと仕込まれた感もしますね…」という反応も。再びネット上で話題が集まっています。

東大ママは

「私が書かせたという話もあるそうですが、そんなことはないんですよ。息子も『心外やな』と言ってます」と佐藤さん。「恋愛は無駄」発言以降、連休に東京から佐藤さんの住む奈良に帰省するなど、子どもたちの気遣いを感じていただけに「私は周囲からどう思われようと、子どもたちと主人さえ理解してくれればいいので、こうして文章にしてくれたのはうれしかった」と話します。

しかし、投稿で「温かい目」を「暖かい目」と表記しているのに気づき「こんな漢字の間違いをして」とツッコミを入れるのも忘れていませんでした。

世間の目というのは、尊敬の眼差しと、妬みの目があるということですね!?😂

私が思う結論は、そういう道を選ぶ人は人で良いのだと思います。勉強をがんばる人は、医者・研究者・開発者・教授などの道を頑張って歩めば良いのです。他に、スポーツ・書道・芸なども道は沢山あるのです。その子に合った、その子の進みたい道を歩むことが一番大事かなと思います。「好きこそ物の上手なれ」です。いろいろな道・分野で発展していく、良いことだと思います。大事なのは「雨だれ石をうがつ」「石の上にも三年」という精神でがんばりましょう。✌

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

管理人創設。確かな・間違いのない民主主義へ。国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちら

管理人の有料会員制オンラインサロン「羽田昌記と語る」はこちらです。テストで良い点を取る勉強の仕方・方法も紹介しています。

-時事ニュース
-,

執筆者:

関連記事

内柴正人被告 初公判 果たして真相は・・・?

こんにちは。 昨日、オリンピック金メダリスト内柴正人被告の初公判が開かれました。 検察側・弁護側双方まったく違う言い分でした。 合意のうえか・そうでないかという二人の会話・行動で判断する難しい裁判です …

佐村河内 守氏

こんにちは。 今回は「天才作曲家・現代のベートーベン」と言われた佐村河内守氏についてです。 昨日(7日)、謝罪会見がおこなわれました。 結論から言いますと、マスコミ・視聴者・読者たちのいわゆる人間の” …

新国立競技場「墓のような」A案決定に森氏の墓!?

こんにちは。 今回は、本日(22日)新国立競技場がA案で決定したことに、森喜朗会長がコメントを発表したことについてです。 「今回選定された新国立競技場の事業者提案には、コーツ委員長をじめIOC及び東京 …

沖縄米兵暴行事件 どうにかならないのか!

こんにちは。 久々の更新です。休みがちで申し訳ありません。 今回は沖縄米兵暴行事件についてです。 またまたこのような事件です。何度繰り返されるのでしょうか。 この時期にこの事件。沖縄県民はたまったもの …

日銀マイナス金利導入へ 風が吹けば桶屋が儲かる!?

こんにちは。 今回は昨日(29日)金融政策決定会合で黒田総裁が初のマイナス金利を導入したことについてです。  米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「クロダの最新のバズーカ」との分析記事を掲載。「(黒 …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 日本を「シャングリラ国」へ 管理人設立 国政政党 新党「民意改善党」
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
すべての真実を書いた
電子書籍出版中
発行元はamazonアマゾンこちら