時事ニュース

息子3人を東大医学部に合格させた「東大ママ」騒動

投稿日:2015年10月13日 更新日:

こんにちは。

今回は、息子3人全員を東京大学医学部に合格させ「東大ママ」として知られる専業主婦の佐藤亮子さんの「恋愛は受験に無駄」発言騒動についてです。「子供自慢が行き過ぎた」 この発言によりテレビやネット上で賛否を巻き起こしています。

satou

私の近くでも東大出の息子を持つ母親が「自分が偉い」と勘違いしてる人がいます。本当に「勘違い野郎」です。⤵(偶然ですが苗字も同じ佐藤だ~)😆

私が高校時代、勉強ばかりしている人を観ると「勉強ばかりしていて、部活はしない・遊びもできない・女もつくれない・友人関係もつくれない、そんな奴が世間で通用する訳がない」と先生に言った覚えがあります。先生も「そうだ、そうだ」と言っていました。こういう人のことを私は「勉強大好き君」と呼んでいました。😁

この騒動に佐藤さんの次男理亮(みちあき)さんがフェイスブックに投稿。

 「多くの人に心配していただいてるので投稿致しますが」で始まる文章は、「母は子供が好きでたまらないという人です。つまるところ子供自慢が行き過ぎてしまったようです」「世間からはもちろん色々と言われておりますが、僕個人は今まで面倒を見てくれた母には感謝こそあれ、特に反感などはありません」と感謝の思いが綴られる一方、「母の発言はなんの資格も、社会的責任もない一個人の主婦のもの」「自慢は行き過ぎると嫌味になりかねません。」と冷静な見方もしています。

世間の反応は

この投稿がツイッター上で拡散されると「ドライな感覚と家族愛が両立してる」「息子さんめっちゃまともっていうかむしろ人格者だったーー!!!!!」といった感想や「頭がいい子なのは間違いないですが、ちょっと仕込まれた感もしますね…」という反応も。再びネット上で話題が集まっています。

東大ママは

「私が書かせたという話もあるそうですが、そんなことはないんですよ。息子も『心外やな』と言ってます」と佐藤さん。「恋愛は無駄」発言以降、連休に東京から佐藤さんの住む奈良に帰省するなど、子どもたちの気遣いを感じていただけに「私は周囲からどう思われようと、子どもたちと主人さえ理解してくれればいいので、こうして文章にしてくれたのはうれしかった」と話します。

しかし、投稿で「温かい目」を「暖かい目」と表記しているのに気づき「こんな漢字の間違いをして」とツッコミを入れるのも忘れていませんでした。

世間の目というのは、尊敬の眼差しと、妬みの目があるということですね!?😂

私が思う結論は、そういう道を選ぶ人は人で良いのだと思います。勉強をがんばる人は、医者・研究者・開発者・教授などの道を頑張って歩めば良いのです。他に、スポーツ・書道・芸なども道は沢山あるのです。その子に合った、その子の進みたい道を歩むことが一番大事かなと思います。「好きこそ物の上手なれ」です。いろいろな道・分野で発展していく、良いことだと思います。大事なのは「雨だれ石をうがつ」「石の上にも三年」という精神でがんばりましょう。✌

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

管理人創設。確かな・間違いのない民主主義へ。国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちら

管理人の有料会員制オンラインサロン「羽田昌記と語る」はこちらです。テストで良い点を取る勉強の仕方・方法も紹介しています。

-時事ニュース
-,

執筆者:

関連記事

東電の株主 歴代役員に5.5兆円賠償提訴

こんにちは。 今回は東京電力の株主42人が、歴代役員に対して約5.5兆円の賠償を求め提訴したことについてです。 原告団によると、国内の民事訴訟で過去最高の請求額ということです。 提訴した株主は”脱原発 …

総工費2520億円 新国立競技場は善か悪か?

こんにちは。 今回は新国立競技場建設に総工費2520億円かけるのはどうか?という問題についてです。 建設理由は2020年の東京オリンピックですが、もうひとつ、2019年に開催するラグビーワールドカップ …

国民総幸福ブータン王国の魅力

こんにちは。 今回はブータンについて。これもその時はブログを開設していなかったので、今、書きたいと思います。 数日前、ブータン国王が来日しました。 私はブータンという国があることさえ知りませんでした。 …

国家公務員給与増額 国破れて公務員あり?

こんにちは。 今回は国家公務員の給与が上がったことについて、賛否両論の考えを述べたいと思います。  国家公務員の給与と賞与を引き上げる改正給与法が1月20日の参院本会議で可決、成立した。一般職の月給を …

新国立競技場「墓のような」A案決定に森氏の墓!?

こんにちは。 今回は、本日(22日)新国立競技場がA案で決定したことに、森喜朗会長がコメントを発表したことについてです。 「今回選定された新国立競技場の事業者提案には、コーツ委員長をじめIOC及び東京 …

ブログ内検索

アーカイブ 年月でブログ記事を表示

カテゴリー 分類でブログ記事を表示

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

「今の日本の政治に終止符を」 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
詳しくはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら