政治 日記 経済

日本再生計画 管理人持論

投稿日:2012年1月12日 更新日:

こんにちは。
今日はおもしろいニュースがなかったので、私の持論の記事にしたいと思います。
タイトルが大げさになってしまい恐縮です。庶民の私が言える立場ではないことは十分分かってます。何を偉そうに言ってんだ、と判断する人は遠慮なく読み飛ばしてください。
このブログで何度も言っているように、日本が今かかえてる重要な問題は財政赤字です。政府はそれを消費税で賄おうとしています。私の意見はある意味、賛成でもあり反対でもあります。要は無駄なものを先に削除してから、増税せよ、ということです。

saisei
私の持論ですが、税率を上げて赤字をまかなうのではなくて、景気対策をして税収を増やせ、ということです。景気が良くなれば税収は増えるのです。なぜ、景気が悪いのか、いろいろな理由がありますが、一番の理由は年金だと思います。国民は皆、老後の心配をしているのです。老後のため預金にまわしてる中流層が多いのです。こうなればお金が回らず経済が衰退していくのです。
大げさな話、消費税は25%。もちろん、変動制がおすすめです。贅沢品は高税率、生活出需品は低税率がいいと思います。その税収は、年金・医療にまわすのです。要は今払っている消費税は老後もらう年金のための貯金ということです。
国民に「これで老後の心配はいりません。安心して生活が送れます」と詳しく説明するのです。
これで、経済もあがるというもです。もちろん、高税率を扱う企業から猛反発を受けるでしょう。すると、自分の票が欲しい政治家が騒ぎだすのです。
私の勉強不足ですが、こういう国が確かあります。
例え話です。
私の町富士吉田市は病院を作ったり、図書館を作ったりしてます。確かにありがたいです。しかし、いずれ私たちの税金に跳ね返ってくるのです。
隣町の富士河口湖町は観光地ということもありますが、観光施設に力をいれてます。その結果、今は人で賑わっています。当然、税収は増え借金も返せるというものです。
河口湖町も失敗例はあります。一時、ブラックバス釣りが流行し河口湖はすごい賑わいでした。そこで入漁料を徴収したのです。いっきにお客さんは来なくなりました。
今、私の町は富士山登山客で人気です。市は登山料の徴収を検討してます。はっきり言ってお金をとるようになったら衰退していくでしょう。
要は目先の利益を追求するな、ということです。
国会議員と官僚は確かに頭がいいです。でもそれは、勉強という教えられたことができるだけです。自分でアイデアをだしたり、先を読む力という意味では疑問を感じます。
今の日本を救えるのは、政治家でも官僚でもありません。一流企業の社長です。日産のカルロス・ゴーン氏なんか最適ではないでしょうか。
私の勝手な持論です。能書きを言ってすいませんでした。
今宵はここまでに致しとうござりまする。

-政治, 日記, 経済
-,

執筆者:

関連記事

18歳選挙権法案 衆院通過

こんにちは。 今回は本日(4日)選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法改正案が衆議院を全会一致で可決したことについてです。 参議院でも可決の見通しで、来年夏の参院選から適用されるようです。新たに …

安全保障関連法案閣議決定 日本の歴史的転換どうなる!?

こんにちは。 今回は昨日(14日)安全保障関連法案が閣議決定したことについてです。 戦争か平和か、見えてこない日本の未来に国民は戸惑うばかりです。 安全保障関連法で変わる5分野を簡単に説明します。 ○ …

堅物岡田副総理の強引政治のはじまりか!?

こんにちは。 ごぶさたです。おもしろいニュースがないため記事が書けませんでした。すいません。 今回は岡田副総理についてです。 ご存じのとうり野田総理は岡田さんを副総理に任命しました。 二人は以前から盟 …

黒田日銀総裁「さらに思い切った対応する」机上の空論!?

こんにちは。 今回は、本日(4日)黒田日銀総裁が今年が「まさに正念場」との認識を示し、そのうえで、金融政策運営は「必要と判断すればさらに思い切った対応を取る用意がある」と語ったことについてです。 総裁 …

「廃県置藩」へ!?これからの日本の生活スタイル!?

こんにちは。 今回は前回の記事を自分で読み直してみて感じたことを書きたいと思います。 私個人のまったくの持論です。 最近の若い男子は「草食系」とか言われてます。 私の目から見ても確かに”何事にたいして …

ブログ内検索

アーカイブ 年月でブログ記事を表示

カテゴリー 分類でブログ記事を表示

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

「今の日本の政治に終止符を」 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

真の株式トレーダーへ。「何倍も上がるおすすめ銘柄」を無料で紹介
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
詳しくはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら