政治 日記 経済

日本再生計画 管理人持論

投稿日:2012年1月12日 更新日:

こんにちは。
今日はおもしろいニュースがなかったので、私の持論の記事にしたいと思います。
タイトルが大げさになってしまい恐縮です。庶民の私が言える立場ではないことは十分分かってます。何を偉そうに言ってんだ、と判断する人は遠慮なく読み飛ばしてください。
このブログで何度も言っているように、日本が今かかえてる重要な問題は財政赤字です。政府はそれを消費税で賄おうとしています。私の意見はある意味、賛成でもあり反対でもあります。要は無駄なものを先に削除してから、増税せよ、ということです。

saisei
私の持論ですが、税率を上げて赤字をまかなうのではなくて、景気対策をして税収を増やせ、ということです。景気が良くなれば税収は増えるのです。なぜ、景気が悪いのか、いろいろな理由がありますが、一番の理由は年金だと思います。国民は皆、老後の心配をしているのです。老後のため預金にまわしてる中流層が多いのです。こうなればお金が回らず経済が衰退していくのです。
大げさな話、消費税は25%。もちろん、変動制がおすすめです。贅沢品は高税率、生活出需品は低税率がいいと思います。その税収は、年金・医療にまわすのです。要は今払っている消費税は老後もらう年金のための貯金ということです。
国民に「これで老後の心配はいりません。安心して生活が送れます」と詳しく説明するのです。
これで、経済もあがるというもです。もちろん、高税率を扱う企業から猛反発を受けるでしょう。すると、自分の票が欲しい政治家が騒ぎだすのです。
私の勉強不足ですが、こういう国が確かあります。
例え話です。
私の町富士吉田市は病院を作ったり、図書館を作ったりしてます。確かにありがたいです。しかし、いずれ私たちの税金に跳ね返ってくるのです。
隣町の富士河口湖町は観光地ということもありますが、観光施設に力をいれてます。その結果、今は人で賑わっています。当然、税収は増え借金も返せるというものです。
河口湖町も失敗例はあります。一時、ブラックバス釣りが流行し河口湖はすごい賑わいでした。そこで入漁料を徴収したのです。いっきにお客さんは来なくなりました。
今、私の町は富士山登山客で人気です。市は登山料の徴収を検討してます。はっきり言ってお金をとるようになったら衰退していくでしょう。
要は目先の利益を追求するな、ということです。
国会議員と官僚は確かに頭がいいです。でもそれは、勉強という教えられたことができるだけです。自分でアイデアをだしたり、先を読む力という意味では疑問を感じます。
今の日本を救えるのは、政治家でも官僚でもありません。一流企業の社長です。日産のカルロス・ゴーン氏なんか最適ではないでしょうか。
私の勝手な持論です。能書きを言ってすいませんでした。
今宵はここまでに致しとうござりまする。

-政治, 日記, 経済
-,

執筆者:

関連記事

管理人発想ことわざ11「良好な電池が動機づける」

こんにちは。管理人発想のことわざ第11弾です。 組織の中で仕事をしていると、上司の器がいろいろ考えさせられるものです。たまにテレビで理想の上司は?のアンケートをしています。 私が思うに理想の上司という …

どうなる日本経済!? その4

こんにちは。 今回は、経済の話の第4弾です。 現況、アベノミクスの不安説が取りざたされてる時期のようです・・・!? 為替は多少安定しつつあるように見えます。 株価は終値では報道されない程度・・・。しか …

維新実現へ 「選挙制度の改革」 管理人持論

こんにちは。 今回も前回の続きで 選挙制度の改革 についてです。 文字どうり選挙のあり方を変えろ、ということです。 今の選挙態勢では立候補できる人がかぎられてしまうということです。例えば、二世・著名人 …

国民総幸福ブータン王国の魅力

こんにちは。 今回はブータンについて。これもその時はブログを開設していなかったので、今、書きたいと思います。 数日前、ブータン国王が来日しました。 私はブータンという国があることさえ知りませんでした。 …

マイナス金利導入後の銀行 晴れた日に傘を貸し雨の日に傘を取り上げる

こんにちは。 今回は、日銀がマイナス金利を導入してからの各銀行の動向についてです。 日銀がマイナス金利政策を導入して1週間となった。中堅中小企業の一部には金融機関から追加借り入れの打診が相次いでいる。 …

ブログ内検索

アーカイブ 年月でブログ記事を表示

カテゴリー 分類でブログ記事を表示

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

「今の日本の政治に終止符を」 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
詳しくはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら