羽田昌記の時事放論

今の日本の政治に終止符を。今一度日本を洗濯致し候。

スポーツ

松山英樹米ツアー2勝目 石川遼は蚊帳の外 がんばれ!

投稿日:

こんにちは。

今回は本日(8日)松山英樹選手が米ツアー2勝目を飾ったことについてです。プレーオフの相手はファウラーです。価値のある2勝目です。

matsuyama2

松山英樹が通算14アンダーで並んだリッキー・ファウラーとの4ホールに及ぶプレーオフを制し、今季初優勝を飾った。2014年「ザ・メモリアルトーナメント」以来のツアー通算2勝目。日本勢として、丸山茂樹(3勝)に続く2人目のツアー複数回優勝を成し遂げた。

首位に立っていたファウラーが1オン可能な17番(パー4/332yd)で、ティショットをグリーン奥の池に落としてボギー。2打差につけていた松山はバーディを奪い、追いついた。18番では松山が5mのバーディパットを沈め、ファウラーもバーディを取ってプレーオフに突入した。

松山はこのパットについて「いままでで一番いいパットが打てた」と振り返った。

18番で行われたプレーオフ1ホール目はともにパー。2ホール目は先にファウラーがバーディを奪ったのに対し、松山もバーディパットをしぶとく沈めた。

10番での3ホール目は、ともにパーセーブ。4ホール目の17番でファウラーは再び池に落とし、パーパットも外した。2オンした松山がパーセーブして勝利をもぎ取った。

matsuyama3

2年ぶりの優勝おめでとうございます。✌

最近は暗いニュースばかりでしたので、こんなニュースをもっと見てみたいです。👌

ファウラーとのプレーオフを制したのは凄いです。この戦いを制したのは大きいですね~。

この2勝目で誰もが認めるトッププロの仲間入りです。これで名実ともに「本物」になったと言っていいでしょう!☝

追いついてプレーオフに持ち込んで、4ホール粘って勝ち切るなんて、ここまでのメンタルの持ち主は今の日本人選手じゃ彼ぐらいかもしれません・・・。今までなら死闘を戦っても、最後には譲ってしまう日本人。でも松山は違うと断言できるでしょう。

次はメジャー制覇目指して頑張ってください。😍
石川選手も見返せるよう頑張ってください。女にボケてたら駄目ですよ~。😅

マスターズを松山が、全米を錦織が、リオを荻野が、っていうニュースを見たいです。👊 

寝不足の用意は準備していますよ~。😜

 

今宵はここまでに致しとうござりまする

国民が主役の時代へ 管理人旗揚げ、国政政党 新党「民意改善党」の紹介はこちら

優れた人材の育成へ 管理人の会員制オンラインサロン(大人の塾)はこちら

平成3年管理人が暴力団等に狙われた山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 詳しくはこちら

-スポーツ
-

執筆者:

関連記事

ラグビー日本代表監督は清宮克幸氏しかいない!

こんにちは。 今回はラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが、9月18日開幕のW杯イングランド大会後に退任すると発表したことにより、次期日本代表監督へ立候補している清宮克幸氏についてです …

内柴正人被告 初公判 果たして真相は・・・?

こんにちは。 昨日、オリンピック金メダリスト内柴正人被告の初公判が開かれました。 検察側・弁護側双方まったく違う言い分でした。 合意のうえか・そうでないかという二人の会話・行動で判断する難しい裁判です …

中日 落合博光GMを国民の目から観る

こんにちは。 今週は書きたい記事がたくさんあったのですが、忙しくて書く時間がありませんでした。 その中でも、中日ドラゴンズ・落合博光氏GM就任に関しては書いておこうと思いました。 今、野球が多少盛り上 …

サッカー ロシアW杯2次予選を見て一言

こんにちは。 今回は昨日(16日)サッカーロシアW杯2次予選シンガポール戦を見て感じたことです。 結果は残念ながらスコアレスドローでした。まだ始まったばかりですので・・・。😂 まず、思ったのが日本代表 …

どうした錦織圭選手 まさかの全米オープン初戦敗退

こんにちは。 今回はテニス全米オープン昨年準優勝の錦織圭選手が初戦(1日)で敗退したことについてです。 まさかと思いました。国民の皆さんも優勝を期待していたと思います。  テニスの四大大会の最終戦、全 …

ブログ内検索

アーカイブ 年月でブログ記事を表示

カテゴリー 分類でブログ記事を表示

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

今の日本の政治に終止符を 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら
署名活動はじめました。こちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら