スポーツ

楽天イーグルス 日本一の実力は本物か!?

投稿日:2013年11月4日 更新日:

こんにちは。
昨日(3日)皆さんもご存知のとうり、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になりました。
素直におめでとうございます。
テレビでは東北の皆さんの喜ばしい姿を放映していました。
3.11の震災の悲しい涙が、11.3と反対にして喜ばしい涙、と逆の涙になった訳です。
今回の日本シリーズは私も大変面白く見させていただきました。視聴率も高かったようです。
野球をこんなに真剣に見たのは久しぶりです。

rakuten
ただ、この盛り上がっている雰囲気の中、こんなこと書きたくないのですが、このシリーズ”八百長”と感じたのは私だけでしょうか?
理由
○3.11と11.3の逆の涙、まるでドラマのよう。
○東北の活気付け。
○巨人の選手たちを見て、得にバッターボックスで三振・凡打のシーン。演技がヘタな人もいる。
○試合内容を見て、まるで少年野球か、というようなシーンが多かった。
○八百長を受け入れる巨人の条件が”田中には勝たせてもらう”。
本当にすいません。皆さん、このことは忘れてください。
要は、日本が活気づけばそれで良いのだと判断しましょう。
話をちょっと変えまして、今回気づいたことを書きたいと思います。
私個人的には星野監督は嫌いでした。理由は以前の記事でも書きましたが、おいしいとこだけ持っていくからでした。しかし、ちょっと考え方が変わりました。
革命家の野村監督は土台をつくるのが上手。アイデアはでないが着実に結果をだすのが星野監督。
というのを楽天の三木谷社長はとっくに気づいていたのだと思います。
なぜなら、三木谷社長自身がそういう人だからではないでしょうか!?
革命家のライブドアのホリエモンの真似ごとをして、おいしいとこを持っていくのが三木谷社長です。
歴史でみても、坂本龍馬の真似ごとをして大成功したのが三菱の岩崎弥太郎です。
そういう人は私は懸念していましたが、ある意味、才能があるのだなあ・・・と感じました。
それはそれで、その人の素晴らしい個性がでているのでしょう!?
そう考えるとパナソニックの松下幸之助さんはスゴイ人だったのでしょう!
革命・アイデア・ソニーへの対応・自社だけではなく日本全体を考える・そして結果をだす。
「経営の神様」といわれる所以(ゆえん)は本物ですね。
今回の日本シリーズは本当に面白かったです。野球は面白いのに世界に浸透しないのが残念です。
WBCが将来、サッカーのワールドカップのような大会になってほしいです・・・!?
今宵はここまでに致しとうござりまする

-スポーツ
-,

執筆者:

関連記事

大谷翔平選手 日ハム入団

こんにちは。 今回は花巻東高の大谷翔平選手が日本ハムファイターズに入団したことについてです。 皆さんも驚いたのではないでしょうか・・・。あれだけメジャーを希望していたのに・・・。 栗山監督の策略がまん …

巨人高橋由伸監督「ヨシノミクス」三本の矢って何?

こんにちは。 今回は、巨人高橋由伸監督が今季の目標を設定したことについてです。サンケイスポーツの記事によると「ヨシノミクス」三本の矢だそうです。  打倒ホークスの合言葉は“ヨシノミクス”だ!! 巨人は …

巨人軍 日本一に原監督のスキャンダルは・・・!?

こんにちは。 昨日(3日)東京読売巨人軍が日本一になりました。 最近、野球はあまり見ませんが日本シリーズは注意して見てました。 理由は日本ハムの栗山監督の人間性に憧れたからです。 私は子供の頃から巨人 …

野球人気を取り戻すには巨人江川×阪神掛布 両監督対決しかない

こんにちは。 今回は読売巨人軍の新監督に高橋由伸選手の名前が挙がってますが、江川卓氏を強くすすめることについてです。 原前監督は本当に素晴らしかったです。紳士巨人・常勝巨人の監督として名采配をふるいま …

ソチ五輪で見る日本人

こんにちは。 今回はソチ五輪が終わって、その中で感じた日本人についてです。 というか、マスコミの対応についてと言ったほうが正しいのかと思います。 冬季オリンピックの日本の注目度といえば、今はフィギアス …

ブログ内検索

アーカイブ 年月でブログ記事を表示

カテゴリー 分類でブログ記事を表示

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

「今の日本の政治に終止符を」 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

真の株式トレーダーへ。「何倍も上がるおすすめ銘柄」を無料で紹介
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
詳しくはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら