時事ニュース

最高裁「婚外子」判決

投稿日:2013年9月5日 更新日:

こんにちは。
昨日(4日)最高裁は婚外子に婚内子と同等の相続を認める判決を言い渡しました。

kongaisi
内容は昨日のニュース・本日の新聞等で詳しく説明していますので、ここでは避けたいと思います。
賛否両論あるようですが、政府は民法改正に前向きのようです。三権分立がうまく機能する形となった訳です。
私個人としては、今からの時代に合った判決だと思いました。
最近で言いますと、フィギアスケートの「安藤美姫」さんがこの例に該当するのでしょうか。その時の記者会見を見ていて思ったのが、いわゆる”未婚の子、父親が誰なのか”を責めてる記者は誰もいなかったということです。むしろ喜ばしい明るい記者会見だったと思います。
今の時代、マンゴー世代にしてみれば何ら不思議なことではないのでしょう・・・。
私が思ったのは、この裁判を起こした人、テレビで顔隠しでインタビューに答えていましたが、「あったま悪り~な」と思いました。(言葉が悪くてすいません)
理由は、この人はいわば2号さん・愛人だった訳です。ということは、本妻より愛されていた・大事にされていた可能性は高い訳です。ならば、その大事にされていた時期に、うまいこと言って、例えば「私と子供の面倒を後々までみてね」みたいなおねだりをして、遺言書を書かせておけば、もっともっと相続できた訳です。
マンガの話で申し訳ないのですが、「島耕作」で愛人の大町愛子は莫大な資産を相続しています。いわゆる”賢い女”です。弘兼憲史さんのマンガはこういう発想が非常に面白いです。
結論は、とりあえず法律は決めておいて、お金を持っている人は後々身内でもめ事が起こらないようにあの世に行ってください、ということだと思います。
こういうことは婚外子に限らず、家庭内で頻繁に起こっています。非常に醜い争いです・・・。
前回の記事に被せますが、例えば”一夫多妻を認める”という県・藩があってもいいのではないのでしょうか!?
人は皆それぞれです。「俺は女が好きなんだ」という人は何人もの女性を養うのに、仕事をがんばって稼いでいくのです。それって、男の一種のステータスですよね!?ぴかぴか(新しい)当然、それで納得する女性が付いていくのです。
今の時代、反対の組み合わせもアリですよね!?最近、テレビにあまり出ませんが、あのゴージャスな姉妹などは、それを認める県・藩があったら喜んで引っ越すのではないでしょうか・・・!?
法律は当然大事です。守らなければいけません。しかし、人それぞれの欲望・趣味・娯楽・楽しみ・自由etcまで奪ってしまうことになってしまうのは考えものだと感じます・・・。
そこまで押さえつけて、結果、ストレスが溜まって争いが起きるのではないのでしょうか・・・!?
次回は、以前から書こうとしていましたが書くタイミングを失って書けなくていた記事を書こうと思います。
最近の衆議院選の後、必ず勃発する「一票の格差」についてです。時期はずれで申し訳ないのですが、今回の記事と似た最高裁の関連ですので、このタイミングで書きたいと思います。
今宵はここまでに致しとうござりまする

-時事ニュース
-

執筆者:

関連記事

競技場・エンブレム白紙撤回騒動 責任はすべて森喜朗だ!

こんにちは。 今回は、新国立競技場に続きエンブレムも白紙撤回になったことについてです。 確かにオリンピックという華々しい大会を大成功で収めたい気持ちは分かります。しかし、次から次へと騒動が出るものです …

芥川賞 田中慎弥さん マスコミ対応にウケ狙い?

こんにちは。 今回は芥川賞を受賞した田中慎弥さんについてです。 記者会見で沸かせました。 内容はまず一言「確か、(米女優の)シャーリー・マクレーンが何度もアカデミー賞にノミネートされた末にようやく取っ …

国民総幸福ブータン王国の魅力

こんにちは。 今回はブータンについて。これもその時はブログを開設していなかったので、今、書きたいと思います。 数日前、ブータン国王が来日しました。 私はブータンという国があることさえ知りませんでした。 …

中国の中国による中国のための「AIIB」 泥船出港

こんにちは。 今回は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行「AIIB」がスタートしたことについてです。日本とアメリカは参加しておりません。 AIIBは創立初年度に最大10件のプロジェクト、12億ドルの …

息子3人を東大医学部に合格させた「東大ママ」騒動

こんにちは。 今回は、息子3人全員を東京大学医学部に合格させ「東大ママ」として知られる専業主婦の佐藤亮子さんの「恋愛は受験に無駄」発言騒動についてです。「子供自慢が行き過ぎた」 この発言によりテレビや …

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー クリックするとその関連記事が表示されます

管理人プロフィール
羽田昌記(ハダマサキ)
山梨県富士吉田市在住

国民が主役の時代へ 国民の投票で総理大臣を決める「首相公選制」へ
詳しくはこちら

優れた人材の育成へ  管理人のオンラインサロン(大人の塾)
詳しくはこちら

平成3年山梨県富士吉田市の記憶喪失事件 当時はテレビ等マスコミで騒がれた事件です
ブログはこちら
事件の真相を書いた自叙伝出版中 発行元はアマゾンamazonこちら